人気ブログランキング | 話題のタグを見る

湘南茅ヶ崎波情報ブログ

mssurfss.exblog.jp
ブログトップ
2009年 11月 29日

茅ヶ崎の波@第8回茅ヶ崎なぎさシンポジウム

茅ヶ崎の波@第8回茅ヶ崎なぎさシンポジウム_f0089978_16542992.jpg

中海岸野球場付近 2001 波が良かった?私の記憶だと1990年代はさらに良く、コンスタントにライダブルな波が来ていましたよ!
写真提供 湘南・茅ヶ崎在住 写真家 藤沢裕之 氏(ふじさわ ひろゆき)

さて第8回茅ヶ崎なぎさシンポジウム(11/22 茅ヶ崎文化会館)において茅ヶ崎市サーフィン業組合を代表して下記のお話をしてきました。

茅ヶ崎市サーフィン業組合は遠浅の海岸、広い砂浜が復活すれば、サーフィンに適した素晴らしい波が発生し、茅ヶ崎の景観が守られ、サーフィン業がさらなる発展すると考えます。茅ヶ崎の波を守る為に、行政、有識者、研究諸団体の活動にご協力して行きたいと思います。

さて、茅ヶ崎の波は藤沢市引地川河口から江ノ島方面の波と比較すると、汀線(渚/なぎさ)近くで崩れるのが特徴です。海底地盤が藤沢地区と比べて深い為にこのような状況を招いている事が想定されます。この現象はサーファーの観点から述べると、茅ヶ崎地区は遠浅の海岸ではないと言う事になります。
茅ヶ崎の波@第8回茅ヶ崎なぎさシンポジウム_f0089978_174689.jpg

渚近くの波、パークスポット 写真提供 湘南・茅ヶ崎在住 写真家 藤沢裕之 氏(ふじさわ ひろゆき)

また、砂浜が藤沢地区と比べて狭いのも特徴です
茅ヶ崎ヘッドランド通称パークスポット
茅ヶ崎の波@第8回茅ヶ崎なぎさシンポジウム_f0089978_1732518.jpg

茅ヶ崎の波@第8回茅ヶ崎なぎさシンポジウム_f0089978_19511870.jpg

藤沢引地川通称銅像前 スポット
茅ヶ崎の波@第8回茅ヶ崎なぎさシンポジウム_f0089978_1795825.jpg

茅ヶ崎の波@第8回茅ヶ崎なぎさシンポジウム_f0089978_19514516.jpg

写真提供:湘南・鵠沼在住 写真家 市川紀元 氏(いちかわ のりもと)

上記の件に関して、研究諸団体、有識者の精査、研究を通じてより明らかになりつつありますが、更なるお力添えをお願いしたいと思います。

また、茅ヶ崎地区は藤沢地区と比べてサーフィン愛好者ーの同日、同時刻の数を比較すると、わずか20%のサーフィン愛好者しかおりません。駐車場数等の受入れ体制の違いはありますが、茅ヶ崎地区は遠浅の海岸で無い為に、サーフィンに適した波の発生回数が明らかに少なく、このような状況が起きていると想定されます。

2009 午前10時サーファー数比較(茅ヶ崎ヘッドランド通称パークスポットと藤沢引地川通称銅像前 スポット)
資料提供:株式会社サーフレジェンド(波伝説)
         鵠沼     茅ヶ崎   
4月12日    400     29
4月13日    180    40
4月14日    120    11
4月15日    120    80
4月16日    200    50
4月17日    100     0
4月18日    90     1
5月3日    160    20
5月4日    300     4
5月5日    400   100
5月6日     500   130
5月7日    180    50
5月8日    120     8
5月9日    500   130



茅ヶ崎市サーフィン業組合からのお願い
1.遠浅の海岸、広い砂浜を復活さて頂き多くのサーファーが楽しめる環境にして頂きたい。
2.茅ヶ崎市サーフィン業組合のみならず、このような人の流れは茅ヶ崎地域の経済的な損失を招いている事を調査し、改善策を作成して頂きたい。
3. 狭い砂浜が引き起こす、デメリットを多くの方に検討して頂きたい。
4. 1.の目的を達成する為、茅ヶ崎市サーフィン業組合が提案するサーファーの「仮説→実行→検証」するお手伝いをして貰いたい


資料作成責任者:茅ヶ崎市サーフィン業組合副理事長 森 英治

以下は、私が感じた事をです。

「ダムが悪い、漁港が悪い」と言う意見がオフィシャルの場で出た事が重要。

しかし、クリアするハードルは高く、漁港のセットバック、海の構造物の撤去は可能か?

漁師 X サーファーを含む 海浜利用者の構図の大きな変化が起こりそうである、また変えなければいけないと言う事である。

このシンポジウムには、様々な立場の方が出席なされていましたが、砂浜を復活させる方向で意見の一致が見出せ、自然の流れを変えてきてしまった事について、まずかったと言う(今までの、つけが回ってきた事による、代償も大きい)、共有認識を持てたた事が重要だと思われます。

このような場を作った「ほのぼのビーチ茅ヶ崎」の努力、姿勢に感銘を受けると同時に、私もさらなるお手伝いをしなければいけないと言う思いを強くしました。

     

by mssurfss | 2009-11-29 17:31 | 2BW/湘南茅ヶ崎海岸侵食


<< 10’カレンダー 波乗りの街 湘南      SSHボードロッカー・艇庫価格... >>