2010年 01月 23日

サーフィンに適したビーチ(海)を茅ヶ崎に取り戻すには?

2009年に以下のような、意見をAさんから頂きました。ちょっと遅くなりましたが、自分の考えをまとめてみました。答えになっているかどうか微妙ですが?(私は、サザンビーチサーフハウス代表、茅ヶ崎市サーフィン業組合副理事長と言う立場です。)

「私達は波乗りがしたいだけで茅ヶ崎地域の経済的損失などは考えておりません。(私だけかも知れませんが。)
経済効果ももちろん重要ですがそれによりポイントパニックになったりサーフィンをするに適した環境が損なわれるのは望むところではありません

コンスタントに波のある鵠沼に住むのではなく、なぜ茅ヶ崎なのか。それは茅ヶ崎のローカリズムが心地よい、またはポイントには知った人達が多く安定しているからと私は思っています。

遠浅のコンスタントに波のある茅ヶ崎は魅力的ではありますが、それにより大型駐車場の出現、ポイントパニック、ビジターによるトラブルなどは望みません。

サーフィンの為にサーフィンに適したビーチ(海)を取り戻す運動なのか、それともサーフィンによって街を繁栄させる町おこし的な運動なのかもう一度お考えいただきたいと思います。

HPいつも楽しく拝見させていただいております。茅ヶ崎の住民として応援しています。茅ヶ崎の海が良くなるといいですね。」
f0089978_2025511.jpg

市川紀元フォト
ポストカード「波乗りの街 -湘南-」

私は次のよう考えます。
●勿論、サーフスポットの混雑は全てのサーファーにとって望むところでは、ありません。
●サーファーの数が少ないから、顔見知りが多くて落ち着いた雰囲気を醸し出しているのも理解できます。
●微力ではありますが、サーフィンに適したビーチ(海)を茅ヶ崎に取り戻す事を第一に考えています。


但し、以下の事も考えて頂きたいのですが?
1990年代と比べて茅ヶ崎ではヘッドランドを境にして、西側(白樺、ショップ下、海水浴場、カボチャ、西浜、柳島など)は波乗りできる回数が大幅に減少してしまった。もしこれらのスポットで波乗りがコンスタントにできるようなら、ヘッドランド、ラチェン通り近辺の混雑は少なくなると思いませんか?但し、サーファーのスキルにより、「波が良い、悪い」基準が違うと言う事も考慮しなければいけませんが。今でも、上記スポットで十分楽しめますよと言う方も多々いらっしゃるかもしれませんが?

そして、波が良くなれば、サーファー人口も更に増えると思いますが、上記のサーフィンできるスポットが多くなれば、波と言う自然がうまく調整機能を果たすと思います。(サーフィンは各自の能力に応じて、その人に適したサーフスポットに自然に導いてくれる。)
そして、ご指摘の通りサーファーが数多く来訪すれば、茅ヶ崎の町の活性化、サーフィンのさらなる活性化に繋がると考えます。

そして、良い波にもっと乗りたいのなら、砂浜を過去のような状態に戻さなければ、良い波には乗れない。
また最悪の事態として、50~100年後にサーフィンを含めた海の遊びが出来なくなる気がします。


この問題を茅ヶ崎ローカルの人たちだけで解決できると思いますか?私の答えはNoです。
人が来なければ問題は起きない。しかし、すでに悪くなっている状況を、われわれローカルだけでストップさせる事はできるのか?多くの人のサポートが無ければ解決しないと思う。

「茅ヶ崎最高!」と言うイメージを多くの方が共有できれば、茅ヶ崎が困った事態になったなら、「いざ茅ヶ崎」と言う行動を起こしてくれると考えます。

茅ヶ崎の海、コーストラインで起きている事、人間が過去にどのような手を加えたかと言う事実を理解し、茅ヶ崎人のみならず、その他地域の方と共有認識を持つ事が、問題解決の第一歩と考えます。多くの方に、現状を伝える努力をしていこうと考えております。

そして、海に遊ぶ人間として少しでも海の状況に関心を持ち、行動する事が茅ヶ崎プライドとなり、自分、私たちの存在感の証明になるのではと、考えています。

以上

※人間の便利さ、快適さ、お金の追及の結果、人口増大を招きその問題を解決しようと努力した結果が今の現状だと考えます。自然(地球)で起きている事象は人間に今の活動を続けると、人間の存在が危うくなりますよと言うメッセージだと考えています。
メッセージ、現状を受け入れなければならない。しかし これ以上悪くしない為に何をしなければいけないのか?

以下は余談ですが、私は以下の考え方に近いです。ネガティブな話になって行きますが?
賢者の考えで行けば「人が増える事は、各自のエネルギー消費量を減らさないといけない(我慢する)」その結果、便利では無く、欲望の追求ができないできない状況が来る。

ローカルとビジターのバランスをどのように保つのか?とにかく波の数とサーファー数のバランスがとれてない。

地球に寄生し、地球=自然のエネルギーを利用する人間の数と地球のストックのバランスが崩れている。

前向きに考えれば、目指せ「地産地消」と言う事になりますが

これ以上のコメントはとりあえず、控えます。
考えが違う方も多くいらっしゃると思うので?
[PR]

by mssurfss | 2010-01-23 21:44 | 2BW/湘南茅ヶ崎海岸侵食 | Comments(2)
Commented by サーフテック at 2010-01-23 23:24 x
こんばんわ!いつもホームページ見ております。自分はサーフィン暦10年以上になりますが、確かに温暖化によって砂浜が奪われ行くのが目に見えて分かります。思えば10年以上前になるかな!?自分は、毎日西浜に通ってサーフィンの練習をしていました。西浜に行けば必ず波がある
いつも頼って通ってました。少し家から遠いですが、、、
そのころに比べると一年間で波乗り出来る回数がかなり減ってきています。どうなっちゃうのかな~~と不安でした。時々砂がついてよいときも
ありますが、すぐに壊れてしまいます。もう終わりかな~~と思った時に
マスターや茅ヶ崎の方々が一生懸命努力して立ちなおそうとしている。自分も何かしなきゃいけないなーと思っています。自分の家から茅ヶ崎まで
すぐにはいけないですが、すくなくとも今の海の現状を一般の方にも伝えていこうと考えています。自分は対した人間ではありませんが海には、いろいろなことを教えて貰いました。茅ヶ崎にあの時のような波が来ること期待したい。温暖化の影響は反対側の東京湾の方でも出ているような気がします。マスターや茅ヶ崎の方々応援しています。
Commented by A at 2010-04-19 22:29 x
久しく訪れていなかったので記事をみて驚きました。
遅くなりましたがご返事どうもありがとうございます。

また11月29日の記事に御無礼な書き込みをした事をお詫びいたします。申し訳ありませんでした。

誤解されていたら嫌なのでフォローしたいのですが、私ももちろん茅ヶ崎の海が良くなったらと思っています。


たくさんサーフィンできる海っていいと思います。以前のコメントではないですけどトラブルやパニック(海と陸)はもちろん望みません。ただそれ以前に海を何とかしないといけないのですよね。

以前はずっと砂浜を歩いて辻堂のほうまで行けたと聞きました。また茅ヶ崎の砂浜は広くて野球ができたというのも聞きました。そんな広い砂浜に戻れたら最高ですね。

メリット、デメリットがあり、いろいろな利害がからみ合いとても難しい問題ではありますがいつか昔のような砂浜が戻ってくると信じています。今の砂浜は急深な為子供達を遊ばせるにはちょっと心配です。未来の子供達の為にもと思います。

茅ヶ崎住民として、また一人のサーファーとして応援しています。
がんばってください。


<< POINT消滅の危機・・・      2010茅ヶ崎 初日の出 & ... >>